梅雨入り前で爽やか!GWの沖縄旅行

GW中の沖縄の気候は?

沖縄県は亜熱帯気候ですので、一年を通して温暖で過ごしやすいことが特徴です。そして、GW中の沖縄県の気候は、梅雨入り前なので爽やかに過ごせるような気候になっています。5月の気象庁発表の過去の平均気温は約24度となっており、GW中に沖縄旅行をするにはぴったりの暑くもなく寒くもない気温です。ただし、沖縄県のように海に囲まれている場所では、天候がかわりやすいので常に太陽が出ているとは限りません。しかし、ビーチで青い海と空を楽しむのは好きだけれど真夏の暑さは苦手という方にも、GWの沖縄なら穏やかな気温で過ごせるのでおすすめです。沖縄県の海開きもGW前にはほとんどのビーチで終えているので、一足先に夏を満喫できます。

GWに沖縄を訪れるときの服装は?

前述したようにGW中の沖縄の平均気温は24度ほどでとても過ごしやすいですが、紫外線は過去のデータによると7、8月ほどではないにしろ多くなっています。特に沖縄県では紫外線のほかに赤外線も多くなっているので、本土よりも太陽光が強く感じられます。ですので、紫外線対策をしかっりとし、普段夏に過ごすような服装であれば大丈夫です。ゆったりとした通気性が良い服装がおすすめです。太陽が出ている時には日差しが強いので、帽子やサングラスなども用意しておくと良いでしょう。夜になると日中よりは気温が下がるので、なにか羽織れるものを一枚持っておくと便利です。また、突然の雨に対応できるように、折りたたみ傘などの雨具もあると安心です。